プロミスの借金返済できず・・・時効に出来るかな?

時折、ぷろみすからお金を借りて遊ぶお金を作っていたんですけども、
このご時世のせいなんでしょうが会社が倒産してしまいまして、
返済をどうしようかと途方に暮れています。
これまでは返済を滞納するとかいうことはなかったんですけど、
一旦、離職してしまうと年齢も年齢なだけに新しく就職先を
見つけるのが本当、困難になっているので、返済滞納が現実問題としてせまってきています。
今はまだ失業保険がありますけど、それも以前の収入よりも少ないですし
そこから借金返済は本当にきついですし、この失業保険の給付期限がきてしまったら
その先はどうなるんだろうと怯えています。
それで借金解決方法が何かないだろうかと調べてみたんですが、
ぷろみすで借りたお金にも時効があるっていうのを知って気になっています。
時効っていうと、刑事ドラマなんかで犯人が逃亡してるって設定でよく
出てくる文句ですけども、借金にも時効があるんですね。
返済しない状態を続けて、一定期間経過後に時効制度を援用するということを
債権者に内容証明郵便で伝えると一切の借金を払わなくてよくなるんだそうです。
ただ、返済しなくても、貸主から請求されてしまうと時効が中断、
期間が振り出しに戻ってしまいますし、その期間中、行方をくらますのは
大変ということでなかなか難しいらしいんですね。
しかし、今の自分のように、すでに職を失っている場合だと
いわゆる夜逃げをしやすい状態ではある、といえます。
とはいえ、5年…逃げ続けることができるでしょうか。
独り身なので、家族がいる人と違って逃げやすいって利点はありますけどね。
子供などがいたら、学校だのなんだのできちんと住民票を移したりとか
しないと生活に困ることがあるでしょうし。
逃げていたところで自分の知らないうちに裁判を起こされていた場合は
時効期間延長になってしまうわけですしかなりきついです。
しかも、消費者金融から借り入れた借金の時効は基本5年なのですが
裁判を起こされるとそれが10年になってしまいますし。
時効が完成しなかった場合は、結局債務整理や自己破産をすることになるので
それなら、最初からそちらを選んでいたほうがうしろめたい生活を
しなくてすむ分、マシかな…という気はします。
もちろん、一番は、さっさと再就職先を見つけて、自力で返済をしていくことなんですけどね。
まさかこんなことになるなんて思わず、今更ながら、安易にお金を
借りてしまったことに後悔しきりです…。

キャッシングは学生でも利用は可能か

キャッシングというと社会人として働いているサラリーマンでなければ借りる事が出来ないのではないかと考えている人もいますがそんな事は無いです。
学生でも誰でもという訳では無いですが、条件が整えば借りる事は可能となっています。
それではどんな条件が必要なのかというと、それは借入先によっても若干異なります。
まず、アルバイトで良いので定期的な収入がある事が条件となります。
つまり、学業に専念している場合は返済する能力もないので借りる事は出来ないです。
二つ目の条件としては年齢制限があるという事があり、大体は20歳を過ぎてからでなければ借りる事が出来ないです。
ただ、二つ目の条件に関しては必ずしも20歳という訳では無く、一部の学生向けのキャッシングなどは18歳以上などという所もあります。
以上二つの条件を満たせば、学生であったとしてもキャッシングを利用できる可能性はあります。
社会人と同じ金額の融資を受けるのは厳しく低額であるとはいえ、ちょっとした事であれば大抵の事には十分な額を借りる事が出来ます。

キャッシングと他の借り入れサービスの併用

キャッシングサービスは、なにも1社のみで借りるだけが利用方法ではありません。目的に合わせて別のメリットがある借り入れサービスと併用するのも賢明な方法です。消費者金融のキャッシングと大手銀行のカードローン、フリーローンと組み合わせても良いでしょう。
いくつかのカードを持って、すぐに返せそうなときは借り入れがしやすいAのカードを、まとまった額を少しずつ返したいときは金利が低いBのカードを、と使い分けると便利です。銀行系のサービスは、総量規制の対象外というのもポイントです。既に年収の3分の1以上借りている人は、銀行系のカードをもう1枚持つとさらに借りることができます。
フリーローンとは、主に銀行が提供しているサービスで、キャッシングよりも金利が低いのが特徴です。名前の通り、使途は問われませんが、何度も借りては返す、という使い方はできません。1度借りたまとまったお金を少しずつ返していく、という使い方をします。急に大きな出費が必要になった時などに便利です。

個人再生して借金整理!

やっと個人再生の手続きがすべて終了しました。
正式に借金が減額されることになりまして、これからは自分にとって
無理のない返済額を一定期間支払えば完済できる分になりました。
これで、借金問題は一段落といったかんじですかね。
いや、まだちゃんと支払いきらないといけないわけですけど…。
こんな債務整理をするような人にとってはありふれたことかもしれませんが
ギャンブルが原因で借金を重ねてしまいました。
冷静になって考えてみるとなんて馬鹿なことをしていたんだろうって
思いますけど、熱中しているときには本当にまわりが見えていませんでした。
自分が、いろんな消費者金融や銀行からお金を借りているうちに
周囲の友人はだんだんと少なくなっていってしまいました。
多重債務者の友達なんて、いつ、自分にもお金を貸してくれなんて
言ってくるかわかりませんから、元友人たちの判断はおかしくないですし
まともな人達だったんだなぁって思います。
そんなわけで、周囲に相談者もいなくなってしまった私ですが、
皮肉にもそのおかげで、法務事務所に相談に行くことが出来た感じです。
個人再生をするには裁判所を通した手続きをする必要がありますし、
弁護士の先生に全部おまかせできたことがよかったと思います。
弁護士の先生には感謝してもしきれませんし、本当にお世話になりました。
たぶん、相談していなかったら、自己解決は絶対無理でしょうし
ヤミ金にでも手を出してしまっていたら、今頃、自分の身の安全すら危ういですしね。
本当は最初は「過払い金とかあれば返還でなんとかなるかな」って
淡い期待をしていたんですけど、そんな甘いことはなく、過払い金は
ほぼありませんでした…。
昔は過払い金ってかなりあったらしいですけど、ここ数年は貸し出す
消費者金融の方でも、ちゃんとした制限を守って利息設定しているから
最近借金をしてるっていう人は過払い金ってないらしいですね。
とはいえ、まあ、個人再生でもデメリットはいくつもありますが
そうはいっても、自己破産をしなくてすんだ分、まだマシかなぁって思っています。
家はさすがにないですけど、正直、田舎暮らしなもので、車を手放さないと
いけないってなったら、暮らしていけませんからね。
ブラックリスト入り…はもう正直、自己責任ってかんじで甘んじて受け入れる
しかないですよね…普通に借金返済できてたらこんなことになりませんでしたし。

疲弊する闇金の取り立て被害

闇金取り立てに追われて、精神的に疲弊してへとへとになっているという人はいないでしょうか?
私もかつてはヤミ金業者から借りたお金を滞納してしまい、
本当に地獄を見る苦しさを味わった事があります。
私自身の経験から、ぜひとも、他の人のお役に立てればと思い、こうして、今、文を書いています。
私が借金を作った原因はパチンコでした。
ありがちといいますか、趣味らしい趣味が他にはなく、ついついのめり込んでしまいました。
やはり、勝ったときに覚える快感の魅力に取り憑かれていたのだと思いますが
負けて、生活費に困っても、まだパチンコをうちたいと思ってしまう気持ちを
止めるということが出来ませんでした。
そして、消費者金融からお金を借り出すと、もう後戻りはできませんでした。
あっという間に借金額は増え、そのうちに新しく貸してくれるところもなくなり
ついにまずいとわかっていながらも闇金融を利用してしまったのです。
まずいとわかっていた…つもりでした。
実際に、闇金からお金を借りてみると、これまでお金を借りていた消費者金融とは
比較にならない金利のせいで、さらに加速度的に借金が増えて行き詰まりました。
すでに闇金取り立てにあっている人ならわかると思いますが
実際に取り立てにあってみると、とにかくプレッシャーがキツイんですよね。
もちろん、直接的な暴力をされたりしたらすぐに警察ざたになってしまいますから
極力そういったことはないようにしているみたいですが、ギリギリ恫喝や
他の物に対する暴力など、こちらがお金を借りている弱みから、よっぽどのことがないと
警察へは通報しないだろうということで怖い思いはたくさんしました。
もう私の人生終わってしまうのかと思いつめたこともありましたが、
ふとしたことからネットで闇金問題解決の体験談を目にして、とても勇気づけられ
債務整理をすることを決断することが出来ました。
どんなどん底にいる債務者でも、必ず、法的にやり直せる手段があります。
人並みになるにはものすごく苦労をするかもしれませんが、
それでも、生きてさえいれば幸せをつかむチャンスはあるはずです。
私も自己破産をして、すべての借金から開放されることができました。
ただ、それをするには自分一人の力では到底無理でした。
法律の専門家に相談し、自分の身に危険が及ばないようにしてもらいながら
問題を解決していかなくてはならないからです。

債務整理というより闇金は違法業者なので交渉して止めさせるしかありません。
弁護士のバッチが最も彼らにとっては怖いんですよね。

必至にキャッシング条件を比較する

消費者金融を利用しようと思う時って急にお金が必要になった時がほとんどだと思います。
でも、そういう慌てた状況だと、焦ってしまって、あまり詳しく調べないうちに
借りるキャッシング会社を決めてしまって後から後悔してしまったという人も多いかと思います。
そうならないように、ものすごーく貯金がある人は除いて、とりあえず
今のうちは借りる予定はない人も含めて先にキャッシング比較をしておくといいでしょう。
銀行系カードローン、消費者金融系カードローンなど、お金の借り先は
たくさんありますが、それぞれ、利用する人や利用するお金によって
有利・不利なことが違ってきます。
高額な融資が必要だという場合、見逃せないのが、消費者金融の場合は
年収の3分の1までのお金しか借りることが出来ないという総量規制という法律。
これは、銀行でお金を借りるときには適用されないため、利用限度額は
銀行のほうが多く借りられるということになります。
高額な融資をうけると金利も少額のときより安くなるのでお得ですね。
しかし、高額な融資をうけるということは当然、借りる人の信用が
高くないと融資の申請をしても、審査に落ちてしまう可能性が高いということ。
欲張ってたくさん借りようと思っても、借りられなくなっては元も子もありません。
対して、消費者金融の場合は銀行ほどは審査が厳しくありません。
もちろん、他ですでに借金があるとか、あんまりにも高額な借り入れ額だと
いうのなら難しいのですが、初めてカードローンを利用して、
収入に応じた金額であればまず審査で落ちるということはないかと思います。
借金というものに抵抗がある、利息の支払いがもったいないと思う人でも
消費者金融の大手各社がやっている一定条件のもとで無利息になるキャッシングも
金欠のときに思い出せれば、うまくピンチを切り抜けることができるかもしれません、
まあ、わりと条件が厳しいので、何度も利用できなかったり、あるいは
期間内にお金を返済しきれない場合も多いのですが。
それでも、生活費の補填にといった少額1~2万円ほどの借り入れで
もうすぐ、給料日・ボーナスなどの収入の見込みがあるときなら
無料でお金を借りることができてしまうので、条件が揃っている時には
ぜひ利用したいサービスですよね。
しかし、いずれにしても、借り入れをするときはきちんと最初から返済のことを
考えておくのが重要なことだと思います。
無計画に使ってしまうとすぐに借金地獄に陥ることになってしまうので
ご利用は計画的に!

闇金は携帯契約ができる

闇金の怖いところは、正式な書面を交わすことなく携帯契約ができてしまうことです。
いわゆる口約束でお金を借りて、法外な金利を請求されるのです。
グレーゾーンをはるかに超える違法金利を提示してきますが、違法金利だと気づかずに借り続けている方は少なくありません。
最近はソフト闇金と呼ばれる悪徳業者も登場しており、対応が比較的柔らかいのが特徴です。
闇金だと判断することが難しく、多くの方は一般的な街金だと思って借りてしまうのです。

お金を借りるときは、貸金業法に基づいた契約が必須となります。
契約は必ず書面で交わすため、携帯契約だけで借りられる業者など存在しません。
書面を交わさずに借りているとしたら、その業者は闇金だと考えていいでしょう。
具体的な年率を知らずに借りている場合、まずは返済をストップしてみましょう。
そして、弁護士に相談をして解決してもらうのが一番です。
通常の債務整理よりも難易度が高い案件なので、必ず弁護士に依頼しましょう。